わたしたちの想い

私たちは、未来に向けて、

 

線香花火をするという風習を造りたいんです

 

100年たち、200年経った時に、

 

なんとなく3月11日に線香花火をしている。

 

そして、子どもが、おばあちゃんに聞き

 

『なんで3月11日に線香花火をするの?』

 

『おばあちゃんが子供の時に、

こんな大災害があったんだよ』

 

そうやって、親が子に、子が孫に地震の怖さ、

 

津波の怖さを伝えていくことが出来ればと考えています。

 

みんなが忘れたころに地震、津波はまた必ずやってくる。

 

その時に同じように膨大な数の犠牲者がいては

 

絶対にいけないんです。

 

大切な人を亡くし、

 

残された人の涙をもう見たくはないんです。

 

命の大切さを未来に伝えていきたいんです。

 

尊い犠牲者の方々の命の灯かりを未来にむけて

 

ずっと灯していきたいんです。

 

そして日本中で灯る線香花火の優しい灯かりを

 

故人の方が空から眺め、

 

そっと微笑んでくれればという祈りを込めて、

 

これから先もずっと続けていきたいと思っています。