岩手県宮古市の伝統★松あかし

岩手県宮古市では、毎年数回決まった日に松に火を灯して花火をします。

 

日にちも決まっていて、8月1日・7日・13日・14日・15日・16日・20日・31日


松あかしとは、「故人・ご先祖様に帰る家をお知らせする迎え火」また「その行為」。何故「松」を使うのかは諸説ありますが、東北は古くから松の産地であり手に入りやすいこと・松脂が含まれていて焚き点けしやすいこと・松脂を焚いた煙が魔よけとされていたこと。などがあるようです。

 

↓松あかしの松の販売はこちらから↓

http://kibounohikari.cart.fc2.com/?ca=5

 

※こちらの商品は被災地でもある岩手県宮古市の玩具店『夢の星』さんのご協力により販売させていただいております。

この商品の売上の15%が被災地の子ども達のために、希望の光プロジェクトの活動資金として使わせていただきます。